スクリーンショット 2020-05-31 0.08.36

本日のレース(未勝利・条件戦)の予想をおすそ分け。

 

本日のレース予想(未勝利・条件戦)※結果修正版

 

1/22(Sun.)

<中山5R>
◎⑥ボールドステート(⑧着/2人気4.4倍)
○⑧グリーングラシア(④着/5人気10.9倍)
向正面からの「持続力」が求められる芝2200mにフィットしそうな◎ボールドステート。前走はL5Fから持続的に加速するスピードをキープする走りで3着以下を突き放す②着。距離が伸びた事も良さが出たと見る。このコースの適性を感じて再度好走に期待。

<中山9R>
◎②パクスオトマニカ(①着/4人気5.6倍)

○⑤ネイビースター(③着/3人気4.9倍)

Sから1角までの距離が短い芝1800mは内枠有利。先行脚質の◎パクスオトマニカにとっては好枠と言えるだろう。前走は直線まで逃げ切ってあわや勝利を思わせるほどの惜敗で着順以上のインパクトがある。距離短縮+再度内枠で今回こそは圏内まであるだろう。

<中山12R>
◎⑦レーヴドゥラプレリ(⑥着/2人気4.3倍)
○①スリートップキズナ(①着/3人気4.6倍)

中山芝1600m連対率100%の◎レーヴドゥラプレリは直線のキレに欠けるタイプで、前走は⑧着も直線大外から自己キャリア2番目に速い上がり34.1(メンバー最速は33.3/①着)だったため、悲観することはない。得意なタフなコースに戻れば好走可能。

 

<小倉2R>
◎⑩ヨウシタンレイ(⑨着/6人気11.2倍)
○⑱トーホウフランゴ(①着/3人気6.3倍)

▲⑧ブーバー(⑪着/7人気11.7倍)
スタートから下り平坦が続く小倉芝1200mはテンからのスピード持続が求められる。◎ヨウシタンレイは前走ダ1200mを経験し、スピード持続を経験して再度芝に戻ってきた。過去に当コースでの好走経験もあって相性が良い上にスピードを蓄えてきた今回は良化に期待。

<小倉6R>
◎⑮ウィルオブラガー(⑪着/7人気13.6倍)
○②トーホウビエント(⑭着/3人気6.6倍)
テンのスピードが抜群で外枠でもポジションが取れそうな◎ウィルオブラガーの前走は「休み明け」な上に「初の斤量56kg」で直線甘くなった印象。若手騎手変更で斤量3kg減、メンバー的にポジション取りが苦島なそう今回は先行押切も。

<小倉7R>
◎⑧ラバタンシン(②着/4人気5.4倍)

2角終わりから下り平坦が続く小回りの小倉は2000mは終盤での自力の加速を求めず、坂を使ってスピードを持続する能力が必要になる。◎ラバタンシンは加速の着火が遅く、上がりでの急激な加速を求めるレースが苦手で前走がまさにそれ。小倉に替わって期待。

<小倉9R>
◎③テセウス(⑨着/11人気42.6倍)
○④ラナキラ(⑤着/3人気6.2倍)

前が止まりにくい小倉芝1200mだが、テンの速い馬が少なくペースが緩みそうな想定のため、敢えて末脚鋭い差し馬に勝機を見出だす。◎テセウス/○ラナキラ共に短距離戦で末脚が求められる新潟芝1000mを上がり上位で好走経験あり。展開を味方に人気を覆す好走を。

<小倉10R>
◎④サンデージャック(⑫着/11人気/52.4倍)
○⑧ブローザホーン(⑤着/6人気14.0倍)
▲②シーグラス(③着/3人気6.2倍)

小倉の芝はタフな状態で、昨日の好走馬上がり平均は35.3秒(最速の平均は34.83秒)で上がりが掛かっていた。◎サンデージャックが好走した際は1度除いて(=夏小倉野芝のみの高速馬場)上がり35秒以上ばかり。また、小倉は5/7回で圏内でコース自体との相性も良い。

<小倉12R>
◎⑥バトルキャット(⑨着/5人気6.4倍)
○⑨ロムネヤ(④着/3人気6.1倍)
このコースは2角終わりから下り坂によってスピード持続力が求められるため、度々マイラーの好走が目立つ舞台。◎バトルキャットは2走前にマイルで好走。阪神中京では坂を登ってから加速していたことを考えると、坂のない小倉は歓迎だろう。


週末の競馬観戦に、持って行きたい・・・アイテムをここで手に入れよう!!!
ターフィー通販クラブ 競馬が好き 馬が好き